ホーム > 畑山歯科医院ブログ > インプラント

畑山歯科医院ブログ PEDDONTICS

インプラント

2017.09.07

噛み合わせの大事さについて

こんばんは。

枚方市の長尾の畑山歯科医院の院長の畑山敬秀です。

今回は、歯が抜けたら入れ歯やブリッジやインプラント治療がなぜ必要かということを、全身的なことから説明したいと思います。
歯を1本失うと、放置すれば、やがて周りの歯が傾き低くなります。そうすると、上下の歯が、噛み合わなくなるので、下の顎が低い側に移動します。その結果、顎のずれが生じ、首に負担がかかり、肩こりやストレスを感じることが増えてきます。

また、どんどん歯が抜けていき放置したとしたら、不自由な食生活を強いられ、体の不調を訴え、病気がちになっていきます。

噛めなくなるということは、食べ物を細かくできず、唾液の分泌も減少し、消化吸収の効率が悪くなり、噛む力が弱くなります。また脳や全身への血流量が少なくなり、全身の栄養不足を招きます。すると、顎や全身の筋肉も衰え、骨の石灰化分の体外への流出も生じてきます。その結果、骨粗鬆症になりやすかったり、骨折や寝たきりの生活などを引き起こしたりします。

こういったことは、噛み合わせが引き起こす、全身との係わり合いの中のほんの一部なのです。
よく噛めるということは幸せなことであり、皆さん歯をなくされてから歯が大事だったのかと気づかれる方が多いのが現実です。
歯がなくなれば、できるだけ早期にもとの噛みあわせに近い状態に戻すために、義歯やブリッジやインプラントといった歯科治療を受け、噛みあわせを回復されるのがよいと考えられます。

長々と書きましたが、わからないことがありましたら、当院へお問い合わせください。

282221

2017.07.02

フラップレス手術について

こんばんは。枚方市の長尾の畑山歯科医院の畑山敬秀です。

今回はインプラント治療の一つについて書こうと思います。

当院では、インプラント治療において様々な手術方法を提案しています。

今回はインプラントの治療方法の一つである、フラップレス法について説明します。
通常インプラント手術は、メスで歯肉を切開し、骨を確認した後ドリルにて骨に穴を開けてインプラントを埋入します。
しかしCT設備のある当院では、このフラップレス法をメスを使わず、ドリルにて穴を開け手術を行います。
特徴としては、手術が短時間で終わるので患者様の負担が軽減されます。
また歯茎を切らず、縫合する必要がないので術後の腫れもありません。よって抜糸などの消毒回数も無いため、
患者様にとっては大変喜ばれる方法です。
CT撮影することで、骨の状態や神経の走行などを確認し、患者様にも安全に治療を受けていただくことが可能となっています。
また、ストローマン社のソフトウェアなどを併用することによるガイドシステムを利用した手術方法もフラップレス手術の一つとして提案させてもらっています。

インプラント手術は怖いなど恐怖心が強い方も多いとおもいます。そういった方には鎮静麻酔を行い手術することも行っています。

いろいろな質問がある方はいつでもご連絡ください。

49

 

2017.05.14

専門医証明書

こんにちは。

枚方市長尾の畑山歯科医院の畑山敬秀です。

先日、インプラントの専門医の証明書が届きました。

これからもインプラント治療の発展に寄与しながら、より一層丁寧な治療を心がけてまいります。

IMG_3729

2017.05.07

国際雑誌に論文投稿

こんにちは。

枚方市長尾の畑山歯科医院の畑山敬秀です。

私は、平成20年から京都大学再生医科学研究所にてコラーゲンの実験を行ってきました。

損傷した歯肉部分に、再生効果の高いコラーゲンを用いて、歯肉を再生させる実験を行ってきた結果、良好な結果を得ることができたため、論文がを投稿し、以下の国際雑誌に載ることになりました。Journal: Oral Surgery, Oral Medicine, Oral Pathology and Oral Radiology

難しいことかもしれませんが、本当に私にとっては嬉しいことでした。

これからも様々な分野で頑張っていこうと思います。

2017.03.01

公益社団法人インプラント学会の専門医取得

こんにちは。枚方市長尾の畑山歯科医院の院長の畑山敬秀です。

この度私は、公益社団法人インプラント学会の専門医試験に合格し、専門医を取得することができました。

メーカーなどの認定医はインプラントをしている先生なら持つことはできますが、インプラント学会の専門医を取るのはここ1、2年で急に難しくなっています。

専門医取得まで、5年以上インプラント学会に所属し、学会参加や発表などを行っていないと受験資格が得られません。今年私は受験資格を得たので、試験と面接と審査に合格し、晴れて専門医となりました。

今後も日々の臨床などのことを学会で発表しようと思っています。

皆様にも常に 『安心 安全 的確な治療』を提供できるように日々努力をしてまいります。

今後もなにか質問がありましたら、いつでも気軽にお聞きください。

49

 

 

 

 

2015.09.23

連休中は、インプラント学会

IMG_0239こんにちは。

枚方市長尾の畑山歯科医院です。

連休中は、岡山県岡山市でインプラント学会がありました。

今回はポスター発表を行い、忙しい連休となりました。

全国から先生方が来られるので、いろいろな治療に対する考え方を勉強させてもらいました。

当院として、これからも最先端の医療が提供できるよう努めさえて頂きます。

IMG_0249IMG_0237

2015.09.06

入れ歯やインプラント治療の相談

こんばんは。

枚方市の長尾の畑山歯科医院の院長の畑山敬秀です。

最近暑さがましになり、年末までにかけてしっかりと治療してほしいと来院される患者様が増えています。歯が悪くなって暫く放置していた人やだんだん残っている歯だけで噛めなくなってきた人など、いろいろな相談に来られています。

その際歯が無くなってしまった部分で噛めるようにするには、入れ歯やブリッジ、またはインプラント治療が必要です。

それぞれにもちろんメリット、デメリッットがあります。

メリットとしては、以下に記します。

入れ歯やブリッジは保険治療がききます。(上部構造は決まっています)入れ歯の場合、治療期間が短く歯をあまり削らなくても作成することができます。ブリッジの場合は、固定式タイプでできるので人前でも気にしなくてもいいことなどが挙げられます。他にもあります。(ホームページ側で読んでみてください)インプラント治療は、隣の自分の歯を削らなくてすみ、入れ歯のような取り外しもしなくて構いません。

デメリットも以下に記します。

入れ歯は取り外しなので、とれたり噛む力が弱かったりすることがあります。ブリッジは自分の歯を削らないといけないといけません。また隣の歯のどちらかがやり直しになるとまた外してやりかえなければなりません。インプラント治療の場合、保険診療ではないので自費診療になります。今後他の歯が抜けた時に自分がどのようにしたいかも考えておいたほうがいいです。(もちろんその他の事はホームページをお読みください)

メンテナンスの事をよく聞かれますが、基本的にはどの場合もきっちり定期的に検診をし、その個人に合った維持管理方法をお話しさせてもらっています。

一度気になった方は、当院院長までご相談ください。28

49

22

2015.06.28

京都での勉強会

こんにちは。 枚方の長尾の畑山歯科医院の院長の畑山敬秀です。 先週木曜日は、僕のインプラントの師匠と技工士さん2人と京都で勉強会を行いました。最近患者様がインプラントについてどのように感じているのかなどをテーマに色々話し合いました。それぞれの情報を共有しあうことで、より一層患者様に喜んでいただけるように努力しています。気がつくと4、5時間経ってました。これからも定期的に話し合いをしたいと思っています。 6月に入り、インプラントか入れ歯か迷われて相談に来られる人が増えています。わからないことがあれば何でも聞いてください。丁寧に説明させていただきます。   下の写真は最近気にいってるカフェです。 IMG_1030

2015.05.01

インプラント治療された方の術前・術後の例

こんにちは。枚方市の畑山歯科医院の畑山敬秀です。

今回は当院にインプラント相談来られた方に、どれくらい変化するかあまりイメージがわかないから例を載せて欲しいと言われたので、今回ここにアップさせていただきます。

口腔内写真をアップしておきます。以下が術前写真です。

DSCF0451

 

 

 

 

 

 

 

次の写真が術後です。

DSC_0699

 

 

 

 

 

 

この患者様は、今ではイカやタコや貝が食べれるようになったと大変喜んでいただいてます。

ご興味ある方は、一度ご相談ください。

 

2015.04.05

入れ歯治療についてとインプラント治療の勘違い等ついて

こんにちは。

枚方市長尾の畑山歯科医院の院長の畑山敬秀です。

最近、入れ歯で噛めないと悩んでお越しになる方が増えています。

入れ歯を装着している方でも、少し痛いと入れるのが嫌だとか、人前でつけたくないとか色々な悩みを持っておられます。そんな方でも、ご自身の入れ歯を一度持って来てください。なんとか噛めるよう修理したり、調整させていただきます。(もちろん作り直ししなければならない場合もあります。)一度、お持ちください。

インプラント治療を相談される患者様も多いのですが、インプラントを勘違いされている方もいらっしゃいます。歯の被せ物をする場合もインプラント治療と思っている場合もございます。歯の根が残っている場合は、差し歯の治療とかクラウン治療とか言います。歯の根がない場合に、骨にネジ(チタン製)をいれ、土台をつけ冠せものや入れ歯を作った場合の治療をインプラント治療と言います。わからない方はいつでもご相談ください。

歯が無くなってしまった方で悩まれている方は、いつでもご相談ください。

以下の写真もインプラント治療を行っています。

DSC_0996ファイナル正面2

1 / 3123