畑山歯科医院ブログ PEDDONTICS

2015年11月

2015.11.16

フィット感のある入れ歯

こんばんは。枚方市の長尾の畑山歯科医院です。

最近当院では、入れ歯で悩まれている方が多く来院されます。

入れ歯でも、保険の入れ歯と保険外の入れ歯があり、フィット感や構造が異なります。

保険の入れ歯では、引っ掛けるところが銀色の金属部分が見えてしまう場合があります。

それを改善しているのが保険外の入れ歯のパルプラストです。

皆さんには、フィット感に満足いただき、人から見える部分も銀部分がないので喜んでいただいています。

一度入れ歯で悩んでいる方はご相談ください。

28

 

 

2015.11.08

四条畷イオンモール

こんにちは。枚方市長尾の畑山歯科医院です。

だいぶ寒くなっていましたね。

皆さんは、年末までいかがお過ごしですか?

今週は、オープンしたての話題の四条畷のイオンモールに行ってきました。

駐車場も広く多くの店舗があり、いろいろな必要なものも買えました。

是非皆さんも行ってみてくださいね。IMG_1663

IMG_1664IMG_1663

2015.11.03

当院にストローマンのガイドシステムの導入!

みなさん、こんばんは。枚方市長尾の畑山歯科医院の畑山敬秀です。
もう11月ですね。今年もあと2ヶ月になりましたが、充実した日を過ごせておられるでしょうか?

今回はインプラント手術の方法の一つを書こうとおもいます。

当院では以前患者様の希望があれば、ノーベルガイドというガイドシステムを使っていました。(ノーベルガイドとは、ノーベルバイオケア社のインプンラトをピンポイントに入れるための設計からガイド作成までのガイドシステムの総称)

今月から当院では、今年から当院に利用してるインプラントメーカーのガイドシステムを導入しました!49

当院ではまず、CTを撮影しその患者様の骨の状態を分析します。患者様一人一人、術前の状態を十分に把握することが出来ます。
骨が極端に少なくても口の中の骨を移植するか、特殊な器具を使うことにより大きな手術をしなくてもインプラントすることは可能です。
大きな症例でも出来る限り、来院を少なく、短時間で終わるように治療計画を立てさせていただいてます。
そこで利用するのがガイドシステム!CTデータを読み込み、シュミレーションソフトを用いどこにインプラントを入れるかを考え、短時間で何箇所もインプラント手術を行うことを可能にするためのガイドを作成します。それを手術時に用いることで安心安全に手術が可能となります。

ストローマンのガイドシステムを利用することにより、メスでの切開、粘膜を剥離しての骨の露出、縫合等が、まったく必要ないために、術中、術後の痛みや腫れが最小限に抑えることができます。
ストローマンのガイドシステムを応用して使うことにより、骨を増やす大がかりな手術を避けて、CT撮影で得られた情報から、骨のある位置を正確に把握してピンポイントでインプラントを埋入することができます。

また、手術日に残すことが出来ない歯を抜歯して、インプラントを埋入し、仮歯まで装着することも行っています。
術前に、仮歯を作製するしておくため、術直後から仮歯を装着してお食事が可能となり生活の質(QOL)を高めることが可能です。

様々な方法をご用意していますので、ご興味のある方は当院にご連絡ください。

メールの添付ファイル1