畑山歯科医院ブログ PEDDONTICS

2016年9月

2016.09.19

2016年インプラント学会での発表と名古屋の代表飯

こんにちは。

枚方の長尾の畑山歯科医院の院長の畑山敬秀です。

2016年9月16〜18日まで名古屋でインプラント学会がありました。

今回は自分はポスター発表があったため、当院の症例や今後の歯科で用いると優位な補綴物(被せ物)について発表しました。

あとの写真は、余った時間に熱田蓬莱軒(ひつまむしの有名な店)と山本屋総本家(味噌煮込みうどん)に学会に来ていた先生と一緒に行ってきました。

 

また学会中に、直接私に連絡下さったのに対応できなかった皆様申し訳ありませんでした。

明日から通常通り診察いたします。

 

dsc_0717%e3%80%80%ef%bc%91dsc_0728%ef%bc%91

 

dsc_0725dsc_0732%e3%80%80%ef%bc%91

2016.09.11

口臭について

こんにちは。

枚方市長尾の畑山歯科医院の院長の畑山敬秀です。

こんな甘いもの(以下写真)ばかりを食べてはいけませんけど、イベントでついつい買ってしまいました。img_3129

 

 

 

 

 

 

今回は口臭のお話を書かせていただきます。

口臭の原因の大部分はお口の中にあると考えられます。一番の原因は歯周病です。
汚れが長期間お口の中に蓄積され、その汚れの臭い、歯肉の炎症の臭いが原因となるものです。
また、虫歯や合わない詰め物、かぶせ物、入れ歯の汚れが原因となることもあります。
舌の表面についた細菌の塊り(舌苔:ぜったい)が原因の場合もあります。
これらお口の中が口臭の原因の70〜80%とも言われています。
その他には、胃や腸などの内臓の不調によるもの、口が渇きやすい病気、ホルモンバランスの乱れ、食べ物や煙草によるものなども口臭の原因と考えられています。
妊娠中などでホルモンバランスが変化したときに口が渇くようになり一時的に口臭が強くなることもあります。

口臭の主成分としては、揮発性硫化化合物の硫化水素、メチルメルカプタン、ジメチルスルファイドなどがあるとわかってきています。

最近では、客観的に口臭を診断する方法として、この成分を測定する機械も利用されていますので、本当に口臭があるのか、心理的なものであるのか、改善具合の診断ができるようになっています。
以上のことから、まず定期健診をすることで原因を特定し、治療することをお勧めします。

 

 

2016.09.04

9月16、17日の当院の診察医師について

こんばんは。

枚方の長尾の畑山歯科医院です。

9月16日(金曜日)午後と9月17日(土曜日)についてですが、

院長(畑山敬秀)がインプラント学会参加の為、院長は休診しています。

理事長(畑山真吾)のみの診察となっています。

そのためインプラント治療や親知らず等のご希望の方は、当日対応できないため申し訳ございません。

ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いします。

IMG_3123