ホーム > 畑山歯科医院ブログ

畑山歯科医院ブログ PEDDONTICS

2014.11.22

いい夫婦の日

枚方市の長尾の畑山歯科医院です。

今日は11月22日。いい夫婦の日ですね。なにか夫婦でお互いにされましたか?

簡単な言葉でも相手に感謝の気持ちを伝え合うと良い日かもしれませんね。

勤労感謝の日も近いですし、今週末はお互いに感謝を伝えあうのがいいのではないでしょうか?

 

DSCN2682

2014.11.17

年内しっかり噛みたい人は!!

こんにちは。

枚方市の畑山歯科医院の畑山敬秀です。

歯を失ってしまった人や歯周病でぐらぐらになったままの人で年内になんとか噛めるよう治療を考えている人は多いと思います。

当院では、様々な治療を用意しています。

保険治療では、入れ歯やブリッジがあります。

保険外治療では、インプラント治療があります。インプラント治療でも最新のインプラントを用いれば、まだ年内に噛む事ができるよう治療可能です。当院のインプラントは、3〜4週間で固まるのがあるからです。

悩んでいる方は一度ご相談ください。30

2014.11.09

フッ素塗布について

枚方市の畑山歯科医院の畑山敬秀です。当院ではフッ素塗布を推奨しています。虫歯の予防は大事な事です。以下に効果を書いておきます。

フッ素塗布の効果虫歯になる原因に対して、フッ素塗布の以下のような働きが、「歯」と「お口の中の細菌」に作用し、虫歯になりにくくする効果があるとされています。

1. 唾液中に含まれるミネラルの沈着を促進し、再石灰化を助ける
2. 歯の質を強化し、酸から歯を溶けにくくする
3. 酸の生成を抑える
乳幼児・子どもへの効果として、
「生えたての乳歯」や「生えたての永久歯」は、歯の質が弱く虫歯になりやすいため、フッ素を塗ると予防効果を大きく期待できるとされています。
成人への効果もあります。
歯周病や部分入れ歯の使用によって、顎の骨や歯茎が痩せて(吸収して)しまい、普段なら歯茎で覆われているはずの歯の内部のセメント質や象牙質が露出してくることがあります。セメント質や象牙質はエナメル質(歯茎から上の歯の表面部分)よりも弱く虫歯になりやすいため、歯ぐきが露出してしまった場合には、フッ素を塗ることで虫歯のリスクを下げることに役立つとされています。

DSCN2596

2014.11.02

スタッフの勉強会参加

こんにちは。枚方市の長尾の畑山歯科医院です。

先週日曜日は、当院スタッフの衛生士さんにインプラントのメンテナンスの勉強会に参加してもらいました。

インプラント治療は、メンテナンスがすごく大事なので衛生士さんも最新の情報を得てもらう必要があるからです。

当院では、メンテナンスを優しく丁寧に行うことを心がけています。

 

DSCN2494

2014.10.26

大阪マラソンチャレンジ

こんばんは。枚方市の長尾の畑山歯科医院です。

今日は大阪マラソンに参加してきました。とても天気が良く走ってて気持ちがよかったです!

また走りたいと思いました。

大阪マラソン7

2014.10.19

歯のない方の治療方法!!

こんにちは。

大阪府枚方市長尾の畑山歯科医院です。

最近少し肌寒くなってきましたね。

当院では、予後を考えた治療を心がけています。どの治療を受けていただいても、満足していただけるように日々患者様と相談しながら治療方法を決めています。

歯を抜かなければならなくなった方も、入れ歯、ブリッジ、インプラント、などいろいろ治療を受けていただき、できるだけ他の歯を治療せずに長く持たせられるよう治療させていただいてます。

久しぶりに歯医者に行ってみようかなと思っておられる方もお気軽に相談してください。

22 28 27

 

2014.10.13

ワールドデンタルショー2014、日本国際歯科大会

 

こんにちは。今週末横浜でワールドデンタルショー、日本国際歯科大会が開催されました。

当院の技工士さんと横浜まで行き参加してきました。一緒に講義をきいたり、CAD CAMの材料や機械など良い物を見に行ったりしました。

台風がすごく気になりながらの参加でしたが、会いたい先生にも会えて意見交換ができ楽しかったです。

後輩の先生にも会え、日々勉強している先生方の刺激も受けました。

写真

3写真

 

 

11写真

2写真

2014.10.05

歯周病の怖さ

こんにちは。枚方市長尾の畑山歯科医院です。

もう10月になってしまいましたね。

今回は歯周病について参考になればと思い、書かせていただきたいと思います。

歯周病とはその名の通り「歯の周囲の組織に化膿性の炎症が起こる病気」です。
最初の症状はほとんど痛みもなくじわじわと進行し、そのうち歯肉(歯ぐき)に炎症が起きて腫れる「歯肉炎」から、口臭がするようになったり、歯がぐらぐらと揺れる「歯周炎」へ進行します。

歯周病の経過の中でかなり進んだ末期症状を歯槽膿漏と言い、最悪は歯を抜かなければならないと言った場合もしばしばあります。

歯周病の一番の原因は、歯についた汚れです。
歯垢、歯石が歯の周囲に付着したままでいると、そこを巣とした細菌が繁殖し、歯肉に炎症を起こします。
炎症が起こることによって、様々な体内の因子が複雑に影響して歯肉の炎症だけでなく、体内の組織である骨を溶かしてしまいます。
その間に痛みはほとんど生じません。
ですから、気づかない間に病気が進行し、ある程度骨がなくなったところで、歯が揺れ始める、という症状に気づくわけです。
その他にも、悪い歯並びや、咬み合わせ、過度の歯ぎしり、口の渇き、ストレスなども歯周病の原因になると考えられています。
メンテナンスを含め、気になる方は一度御来院ください。DSCN2745

2014.09.21

東京でのフレンチはここ!!

こんにちは。枚方市の畑山歯科医院です。

こないだインプラント学会があった際に、東京の馬喰町付近の知り合いのシェフの店に行ってきました。

もともと大阪の香里園にある店の雇われ店長だったのですが、元東京の帝国ホテル出身のシェフと一緒に共同で店を出すとの事で東京に行ってしまったので、会ってきました。
DSCN2749 DSCN2748
フランス料理の店ですが、ほんとにおいしい店でした。気軽に食べれるフレンチみたいな店でした。
是非皆さん行く機会があればいってください。

2014.09.20

インプラント学会

 

こんばんは。

枚方市の長尾の畑山歯科医院です。

先週末は、東京で開催されたインプラント学会に参加してきました。

学会で必要な講義を受けた後、先生方と意見交換してきました。最新のインプラントの情報や最近の治療についていろいろ話をしてきました。半年ぶりに会い、他の話も楽しみました。

DSCN2685 DSCN2700 DSCN2693

10 / 12« 先頭...89101112