フラップレス手術

フラップレス手術

フラップレス手術は、メスを使わず歯茎(歯肉)の上からドリルで穴を開け、手術を行います。通常インプラント手術は、メスで歯茎(歯肉)を切開し、骨を確認した後、ドリルで骨に穴を開けて、インプラントを埋入します。


特徴としては、

・術中、術後の痛み腫れ最小限に抑えることができる
・メスでの切開、粘膜を剥離しないため、歯茎(歯肉)を縫合しなくてよい。
・手術時間を短縮できる
・抜糸過程がないので、そのために来院する必要がない

等があげられます。
フラップレス手術は、当院では術前にCT撮影を行っております。
CT撮影をすることで、骨の状態や神経の走行などを確認し、患者様に安全に治療を受けていただくことが可能となっております。

ノーベルガイドのソフトウェアなどを併用することによる手術方法もフラップレス手術の一例です。ノーベルガイドを利用すれば、CT撮影で得られた情報から、骨を増やす大がかりな手術を避けて、骨のある位置を正確に把握し、ピンポイントでインプラントを埋入することができます。


右の写真は臼歯部断面図です。この方は下顎にフラップレスでインプラントを埋入するためCT撮影を行いました。下の顎には下歯槽管といわれる血管や神経があり、また舌側(左の図でいうと左側の逆「く」の字の部分)にも多くの毛細血管がある為、傷つけず安全な手術を行うためにそれらの場所を正確に知る必要があります。通常のレントゲンと触診での判断だけでフラップレス手術を行うことは大変危険なのです。骨の形は、人によって様々なので、インプラント治療を特にフラップレス手術で受けられる方は、CT設備のある歯科医院で安心した治療を受けて頂きたいと考えております。