インプラント治療の流れ Flow of Implant treatment

インプラント治療の流れ Flow of Implant Treatment

1.診査・診断

診査・診断

インプラントを埋め込む顎の形や噛み合わせを診査するため、お口の中の型をとります。
顎の骨の量や質を検査するためのレントゲン撮影、またはCT撮影を行います。

2.手術

麻酔をかけて行いますので痛みはありません。骨を削りインプラントを埋め込み、蓋を取り付けて粘膜を閉じます。

1回法の場合【1回法の場合】
1回法の手術の場合は、大きめの蓋を取り付け、お口の中にその蓋が見えるようにして手術を終了します。

2回法の場合【2回法の場合】
2回法の手術の場合は、一度目の手術の治癒期間終了後、粘膜を開けて、大きい蓋に取り替える二度目の手術を行います。

3.仮歯装着

仮歯装着

治癒したところで場合によっては、仮歯を作り、実際に使用していただきながら形態や装着感などを確認します。
噛み合わせや強度に違和感があれば相談し本歯の作成に向けてデータを集めていきます。

4.最終的な歯の装着

最終的な歯の装着

仮歯の装着で得た情報を基に歯並びや色をチェックして最終的な本歯を作製します。
作製した本歯を装着し、治療が完了します。

5.メンテナンス

メンテナンス

治療が終わった後も、定期検査をしながらきちんと管理していきましょう。

総入れ歯とインプラントの比較 Merit of Implant

総入れ歯とインプラントの比較 総入れ歯によるトラブルとインプラントの場合
  • 総入れ歯の場合:入れ歯と歯ぐきの間に食べ物がはまって痛む インプラントの場合:食べ物がはさまって痛むことがない
  • 総入れ歯の場合:噛む力を十分にかけられず、硬い物を食べることができない インプラントの場合:あごの骨にしっかりと固定されているため、硬い物も食べることができ、きちんと栄養が取れるようになる
  • 総入れ歯の場合:歯ぐきが覆われていて、食べ物がおいしく感じられない インプラントの場合:天然の歯と変わらない感覚で物を噛んだり、味わうことができる
  • 総入れ歯の場合:入れ歯が動いて発音しにくく、人と話をするのが億劫になる インプラントの場合:固定されているため安心しておしゃべりができる
  • 総入れ歯の場合:食後に入れ歯をはずして洗ったりするのが嫌で、外出や旅行ができない インプラントの場合:固定式の歯になるため、取りはずす必要がなく、外出や旅行が楽しめる
  • 総入れ歯の場合:口臭がひどいのではないかと不安で人に会えない インプラントの場合:人と会うことに対して自信が持てるようになる
  • 総入れ歯の場合:あごがやせてしまい、年老いて見える インプラントの場合:あごの骨の変形も少なく、若々しい顔貌を維持できる

インプラント専門医 Implant Specialists

インプラント治療をなさるすべての人に。

インプラント治療には副院長があたります。

【経歴】

ブローネマルクシステムコース修了
ノーベルアクティブコース修了(2008年ノーベルバイオケア本社(スウェーデン)にて)

Zimmer社スクリューベント・インプラントアドバイザー

京都大学再生医科学研究所 研究生


インプラントに関するお問合せ先 Contact

  • お電話でのお問合せは 072-868-6480(ムシバゼロ)まで、受付時間は9時15分~12時30分までと15時30分~19時30分まで、休診日は木曜午後・土曜午後・日祝祭日となっております
  • メールでのお問合せ・ご相談はこちらからお気軽にどうぞ