治療にかかる期間

インプラントの治療期間は主に安静期間(治癒期間)に時間を要しています。つまり安静期間により治療期間の差が生じます。一般的にインプラント治療の安静期間は上顎で4~6ヶ月、下顎で2~3ヶ月が目安とされていますが、埋入する場所や個人の治癒力によって治療機関に多少のズレが生じます。



顎の骨の状態が良好なら、短期間で治療が完了する場合もあります。最新の治療技術で即時荷重や早期荷重という治療法が行われるようになっています。いずれも、定められた顎の骨の量、骨密度、埋入本数、埋入時の初期固定の強さなどの条件を充たしていれば通常よりも早く治療を完了させることができます。

インプラント埋入時に、土台となるアバットメントを取り付け、上部構造を1ヶ月程度で固定する方法です。
仮歯は埋入日当日に装着しますので、その日から仮歯に負荷をかけることが可能です。

インプラント埋入後に、比較的早い段階で型を取り、埋入から下顎で2ヶ月、上顎で3ヶ月程度で上部構造を装着する方法です。