インプラント治療例 Implant Specialist

1日で総入れ歯から自分の歯で噛めるようになる! 特殊インプラント『All-On-4、6』

一般歯科

総入れ歯や、それに近いぐらいの歯を多く失った方に、インプラントを用いた素晴らしい治療法があります。
それが『All-On-4、6(オールオンフォー、シックス)』という治療法です。
この治療法は、
上あごの総入れ歯の場合、6本のインプラントを、
下あごの総入れ歯の場合、4本のインプラントを埋め込むことにより、
自分の歯と同じ様に噛めるという画期的な方法なのです。
この方法のすごい点は、なんと手術当日からしっかり噛めるようになるのです。
さらに、お口にがっちりと特殊なかぶせ物が固定されるので、わずらわしい入れ歯の取り外しや入れ歯洗浄の必要がなくなります。

具体的には埋め込んだインプラントを、特殊なかぶせ物で連結し、自分の歯の様にします。
従来、総入れ歯の方が、固定式の歯を入れるために片方のあごに通常なら8本から12本のインプラントの埋入が必要でした。
しかし、ノーベルバイオケア(旧ブロネマルク社)の即時負荷のコンセプトをベースにリスボン(ポルトガル)のDr. Paulo Malo によって開発されました。無歯顎(総入れ歯)の「オールオン4〈All on 4〉」は、4本のインプラントを傾斜させて埋入することで固定式の歯を入れられるようになりました。費用面の負担も患者様にとっては有利になりました。
術後数時間以内に、その固定式の歯を機能させることが可能です。
つまり、その日のうちに、総入れ歯から固定式の歯で食事や会話を楽しむことが出来るのです。
ALL ON (4)6の手術をする際、ノーベルガイドシステムを用います。ノーベルガイドを用いた手術をする際、CTは欠かすことができません。
CTで、患者様の骨の状態を判断して、インプラントの埋入ポジションをしっかり決めなければなりません。骨がほとんど無かったり、薄かったり、神経までの距離がどのくらいあるのかをCTで撮影した上で判断し、インプラント治療の診断や計画を行っていきます。
当院にはCTも完備しているので安心して治療を受けていただけます。

総入れ歯やそれに近い部分入れ歯の方、ぜひ一度お問い合わせください!