静脈内鎮静法

静脈内鎮静法 とは

インプラント手術をうける際、全身麻酔や鎮静下でうけることは可能ですか?とよく聞かれます。当院でもそういった方のために静脈内鎮静法を用意しています。

歯科治療中、恐怖や不安感のお持ちの方は多いと思います。
そんな方には、当院では静脈鎮静法というのがあります。
一般に全身麻酔は歯科診療所ではすることができません。大学病院などでしか設備を用意できないこともその理由の一つです。全身麻酔は、患者様にとっては寝ている間に治療が終わるのだから楽ではないかと思っている方が多いのですが、全身管理の面からいうとリスクが大きいため、一般的にインプラント治療を行う場合行いません。
それに代わるのが、静脈内鎮静法です。
鎮静手術とは、完全に寝ている状態ではありません。意識がありますが、ぼーっとした状態で手術を受けることが可能です。薬によっては、手術中の記憶も忘れることがあります。
緊張感や不安感が強い人などは、楽に手術を受けることができます。
当院では、歯科麻酔の専門の先生に来ていただき、麻酔と術者は分けて手術を行います。

 


メンテナンス

術前に、全身状態の問診をさせていただき、手術当日に備えます。

全身状態の把握

・心臓、脳梗塞、腎臓、肝臓、血圧、糖尿病、骨粗しょう等について
・薬の把握(抗血栓薬など)
・全身状態の担当医への対診


・鎮静手術は完全に寝ている状態ではありません。(意識はあります)
・健忘効果の期待(薬によっては、手術中の記憶も忘れることがあります。)
・緊張感や不安感が非常に強い人などに適応します
・術中の手術管理は、基本的に麻酔専門医が行います。
・鎮静を行った場合術中の管理をしているため、出血を抑えることができ、
 インプラント手術の時間もより短時間ですることが可能です (血圧の管理)


・車、バイク、自転車など乗り物の運転はしないでください。
・できるだけお迎えかタクシーなどで帰宅してください。
・手術当日は楽な格好で来てください。
・食事は2時間前までにしておいてください。
(オペ前でも飲み物はかまいません)

その他全身疾患がある場合は、医師と相談して治療を進めさせていただきます。
ご興味ある方は、一度、ご相談ください。